2011年09月28日

日本泉(にほんいずみ) |日本泉酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 201蔵目

日本泉(にほんいずみ) |日本泉酒造株式会社

岐阜県岐阜市加納清水町3丁目8-1
酒名:日本泉(にほんいずみ)、織田信長、豊臣秀吉、濃姫 ■創業:江戸時代末4代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2011/9/28

代表銘柄
日本泉 ふなくちとり純米吟醸原酒
大吟醸 織田信長
純米大吟醸 濃姫
純米吟醸 豊臣秀吉

JR岐阜駅の目の前に建つ14階建てのビル。
一見、酒蔵に見えないこのビルが日本泉(にほんいずみ) という名の日本酒を醸す、日本泉酒造株式会社です。

日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|外観

日本泉酒造株式会社は江戸末期に創業した現在4代続く酒蔵です。

創業地は現在の場所から少し離れた、豊臣秀吉が一夜城を築いた岐阜の茶屋新田という場所にて、材木業を営む傍ら酒造業を創業したと伝えられています。

その後、明治9年に2代目の広吉氏が現在の岐阜駅前に蔵を移転。
当時は既に鉄道が開通しており、飛行機の燃料等に用いるアルコールの製造を行なっていたそうで、駅から線路が蔵まで引きこまれていたそうです。
この二代目が現在の酒名「日本泉」を命名されます。

日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|看板

岐阜県の各務原に陸軍航空隊の基地があった事から、これは私の推測ですが軍から飛行機の燃料となるエタノールの製造を請け負うことになり、輸送の便利が良い岐阜県の駅前に移転してきたのではないかと思われます。

軍と関わりの強い施設であったことから、昭和20年の岐阜の空襲にて蔵は煙突だけを残して焼失。
焼け野原に煙突だけが建っていたことから、逃げて戻ってきた人々の中には、この煙突を頼りに自分の住んでいた家を探す人もいたそうです。

空襲で焼失した蔵は昭和25年に酒蔵を再建。
もちろん現在のようなマンションではなく、通常の酒蔵が建てられます。

そして平成14年に、岐阜市の駅前の再開発に伴い現在の酒蔵の建て替えられます。
日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|外観
ビルの入口には酒樽が飾られ、この建物には酒蔵があることを伺うことができます。

14階建てのマンションの地下1階部分に酒蔵があり、地上1階には売店が設けられています。

日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|入り口
広島県の蓬莱鶴も同様にマンションの地下1階に酒蔵を構えますが、日本泉もこの蔵を建てる際に蓬莱鶴に見学に行かれたそうです。

日本泉酒造では三期醸造が行える設備を持つ事から、一年を通してフレッシュな新酒の提供が可能。
この強みを活かすべく「生酒」と新酒に力を入れているとの事。
日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|商品

またこの地はとても地下水が豊富な土地で、長良川の伏流水が地下を流れるように走っているそうで、蔵は100メートルの井戸を掘り天然の水で酒造りをされています。

とても柔らかい軟水であることから、新酒の段階から飲み頃の酒が造れるとの事。

岐阜県は愛知県の食文化の影響を強く受け、味噌を付けて食べる料理が多く、海がありません。
その為、味付けの濃い料理が多くお酒もそれに合わせるように淡麗ではなくしっかりした味のものが多くなります。

日本泉が造る酒は、岐阜の酒らしく味のしっかりしたものがベースですが、出品酒や大吟醸酒に関しては淡麗でさっぱりした印象を受けました。

写真の方が日本泉酒造の5代目後継者で杜氏をされている武山孝広さん。
日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|蔵元杜氏
蔵をご案内していただきました。

写真は釜場です。 日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|釜場
1仕込みが総米で250キロという小仕込みであることから甑(こしき)も100キロが蒸せる小型の物が使用されています。

写真は更に小さな甑(こしき)です。 日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|小さな甑
酒母や麹米を用意する際には、こちらの小型甑が持ちられます。30キロまで蒸せるそうです。

写真は仕込み部屋。
日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|仕込み部屋

私が訪問した9月28日には仕込みが行こなわれていました。
日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|モロミ

写真の木の槽でモロミを搾ります。 日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|槽場

最後に訪問の証の記念撮影。
日本泉(にほんいずみ) 日本泉酒造株式会社|記念撮影
4期醸造や3期醸造の蔵でないとなかなか見ることができない小型の甑(こしき)を見て驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は日本泉(にほんいずみ) |日本泉酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:058-271-3218日本泉(にほんいずみ)醸造元日本泉酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1627

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。