2011年06月20日

池錦|池島酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 195蔵目

池錦|池島酒造株式会社

栃木県大田原市下石上1227
酒名:池錦,酒聖 ■創業:1907年(明治40年)4代 ■杜氏:下野杜氏
■仕込み水:軟水 ■訪問日:2011/6/20

代表銘柄
・池錦 特別純米 和心(なごみ)
・特別純米酒 那須乙女
・池錦 純米吟醸 酒聖
・池錦 人生我慢

家訓は「主人自ら蔵に入るべし」
創業時からつづく家訓をを代々受け継ぎ、杜氏・蔵人と共に酒造りに取り組む酒蔵が池島酒造
池錦 池島酒造株式会社|外観

日本酒「池錦」を造る池島酒造株式会社は明治40年(1907年)に池嶋 仙之丞(せんのじょう)氏が創業した現在4代続く酒蔵です。

越後杜氏として栃木と茨城の酒蔵で酒造りをしていた仙之丞氏は、独立し自分の酒蔵を持つことを決意。
当初は宇都宮市内で酒造りを行いますが、気に入らないことがあり良い場所を探していたところ、売りに出されていた大田原の酒蔵を発見します。

とても綺麗な那須連山の地下水が湧くことから、明治40年に蔵を買い取りこの地で酒造りを開始。
創業当時の屋号は「広瀬屋」、酒名は「池泉」という酒を造りました。

やがて「商標登録」行われるようになり、酒名「池泉」は先に他社が取得したため、大正14年に現在の酒名「池錦」が誕生します。 そして昭和29年に法人組織化し現在の池島酒造株式会社に至ります。


写真の方は4代目蔵元 池嶋 英哲さん。
池錦 池島酒造株式会社|蔵元 池嶋英哲
しっかりと酸があって、味がある酒を目指されているとの事です。

越後杜氏が起業した酒蔵という事から、池嶋酒造では「主人自ら蔵に入るべし」という家訓があり、創業から今まで蔵元自ら酒造りに加わってきました。

現在では蔵元が酒造りに加わっているケースは珍しくありませんが、かつては蔵主が酒造りに参加しているのは栃木県では池島酒造くらいだったそうです。

現在地元出身の下野杜氏と共に、原料米には栃木産の五百万石、栃木酒14号を主に用い昔ながらの手造りによる思いが伝わる酒造りを続けています。


池錦 池島酒造株式会社|商品
現在、一番売れている商品は池錦 辛口
蔵が特にこだわっている造っている酒が「純米吟醸 酒聖」、「特別純米 和心(なごみ)」

また「自分との我慢比べ」というコンセプトを持つ「大吟醸 人生我慢」という酒も面白い商品の一つ。
最近の子供達は我慢をしなくなった。しかし親が一方的に我慢を押し付けず、まず親が我慢する姿を子供に見せるべきだ。

そこで熟成させる年数を自分で自由に設定し、例えば3年間熟成させると決めたら時期がくるまで飲まずに我慢しましょうという企画物の酒。
720mlで5千円という高価なお酒ですが注文は多く、途中で我慢しきれずリタイヤしてしまい再び買いに来られる方も多いとか。
このようなユーモアある酒も販売されています。今後、ますます面白い企画のお酒を期待したい酒蔵です。


写真は麹室。全面杉張りです。
池錦 池島酒造株式会社|麹室


仕込み部屋です。
池錦 池島酒造株式会社|仕込み部屋
古い建物の中、昔ながらの手造りによる酒つくりをしているとの事。

写真はこの蔵にある地下の貯蔵庫の入り口。
池錦 池島酒造株式会社|地下貯蔵庫
かつてこの地下の貯蔵庫の足を踏みれたのは、蔵の人々以外では税務署の職員だけだとか。


そこで訪問の証の記念撮影は地下倉庫に入っている様子を撮影。
池錦 池島酒造株式会社|記念撮影
この地下倉庫に中には長期熟成されている酒が眠っているとの事。
この入口にほぼ垂直にハシゴがかけられていて、入るのも出るのも大変。

下からバックライトが当たり幽霊のような存在の吾郎でした。




商品の購入・質問は池錦|池島酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0287-29-0011池錦醸造元池島酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1057

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。