2011年06月19日

さかえや|揚げゆばまんじゅう

所在地:栃木県日光市松原町10-1
TEL:0288-54-1528
訪問日:2011年6月16日

日光さかえや|揚げゆばまんじゅう


日光の酒蔵巡りの旅で東武日光駅を利用した際、是非立ち寄っておきたいお店が、駅前にある「揚げゆばまんじゅう」のお店日光さかえや。
日光さかえや 揚げゆばまんじゅう|外観
日光さかえや 揚げゆばまんじゅう|店内

さかえやさんは、日光観光のテレビ番組では必ずと言っていいほど紹介される、揚げゆばまんじゅうの有名なお店です。
地元の日光だけではなく大阪の百貨店の催事に出店した際にも知っている人が次々に訪れて買って帰られるという全国的にも知名度を広げています。


写真が名物の揚ゆばまんじゅう。美味しそうでしょう。
日光さかえや |揚げゆばまんじゅう

修験者が集まる日光では、精進料理が発達していました。湯波は精進料理には欠かせない食材で、そういった歴史的な背景から現在も湯波は日光の特産品として知られています。

その郷土の特産品である湯波をコーティングされています。白い結晶は「塩」です。


写真の方が社長の山本敏さん
日光さかえや 揚げゆばまんじゅう|山本敏社長

東日本大震災によって観光地である日光は大きな経済的ダメージを受けました。
日光でも震度6強の地震に見まわれ、電車が止まり、東北道が止まり、全ての交通機関が止まり、計画停電があり3月の売上は前年対比で90%の売り上げダウン。

この状況が続けば会社は倒産してしまう。そう危機感を持った社長は社員を集めて話し合った結果「座して死を待つより、派手に討って出て、討ち死にを選んだほうが、何か起こるのでは?その行動によって何かが得られるのではないか?」という結論に至ります。

そして誰も観光客がいない閑散とした日光の駅前で派手にのぼりを上げてお店の宣伝をしたところ、それを見た地元の方も同じような危機感を持っていたようで、さかえやさんの行動に共感してくれます。

地元の商店も元気を出そうという気になり、クチコミで次々に店に来てくれてお客様が戻ってきます。
2011年の3月は日光全体では90%の売上減と言われた大変な中、なんとか前年対比60%で乗り越えて会社を継続することが出来たそうです。

現在は既に秋の観光シーズンの対策を考えられているとか。良い結果が待っている事を期待します。


日光さかえや 揚げゆばまんじゅう|記念撮影

最後に訪問の記念撮影。 揚ゆばまんじゅうの美味しさに驚く吾郎と、その様子に笑顔を浮かべるお店のお母さんでした。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1051

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。