2011年06月14日

真名鶴(まなつる)|真名鶴酒造合資会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 185蔵目

真名鶴(まなつる)|真名鶴酒造合資会社

福井県大野市明倫町11-3
代表銘柄:真名鶴(まなつる) ,麻那姫伝説
創業:1750年代(宝暦年間) 5代
杜氏:蔵元杜氏(諸派)
仕込み水:弱軟水
訪問日:2011/6/14

代表銘柄
真名鶴 懐石本醸造 上吟
眞名鶴 山廃仕込 純米酒
真名鶴 奏雨 SOW
真名鶴 シェリー樽熟成 大吟醸


越前の小京都として知られる福井県大野市。
越前大野城の城下町の面影を強く残すこの地に4件の造り酒屋が今でも残っています。

その中の一つ、真名鶴酒造合資会社は宝暦年間(1750年代)に創業した現在5代続く造り酒屋です。

真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|外観

真名川上流の村に住む泉 善助氏はこの酒蔵で働いていた蔵人の一人でした。幕末の頃、善助氏が働いていた蔵に後継者がいなかった事から、酒造りが上手く真面目な人柄が買われ、蔵を引き取る事になります。

この蔵が最初に創業した年(1750年代 宝暦年間)を創業の年とし、代は善助氏から数えた代とされています。

蔵には善助氏の前に酒蔵をしていた家の資料が全く残っていないことから、それ以前の歴史は解っていません。


真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|商品

善助氏が創業した当時の屋号は「◯屋(まるや)」、酒名は「亀の尾」という酒を造っていました。
当時の造り酒屋の屋号や酒名には、 ◯(まる)とか ┐(かど)といった図形はよく用いられていました。

そして現在の酒名、真名鶴(まなつる)は昭和32年頃に公募によって命名された名前です。
というのは第2次大戦による企業整備令により、主食の米を確保する目的から◯屋(まるや)は統合させられる事になります。

それによって酒造りを止めさせられてしまった酒蔵は多く、かつて大野には30件近くの酒蔵があり、それが統廃合によって3社に整備されたそうです。

現在、大野には4社の酒蔵が残っていますが、復活を遂げたのは真名鶴酒造たった1社という事になります。

◯屋(まるや)が酒造業を再開したのは第2次世界大戦が終了し10年以上が経過した昭和32年。
既に過去の商標は使用が出来なかった事から、公募によって真名鶴(まなつる) という酒名が誕生。蔵の名前も真名鶴酒造となります。


真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|釜場


写真の方が5代目蔵元の泉 恵介さんです。
真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|麹室

真名鶴酒造では蔵元自らが酒造りをされています。

主に地元の福井産の五百万石を使用。
名水百選「御清水(おしょうず)」の清烈な水と、雪深く厳寒な気候の元、全量手造りによる酒造りが行われています。


仕込み部屋です。
真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|仕込み部屋


槽場です。
真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|槽場


真名鶴酒造が目指す酒は、日本酒が始めての方でも飲みやすく楽しんでもらえる酒。

マニアックにならないよう、初めて日本酒を飲まれる方から「美味しい」と行ってもらえる酒を造っていきたいとのこと。


真名鶴(まなつる) 真名鶴酒造合資会社|記念撮影

最後に訪問の証の記念撮影は、蔵の売店で試飲をしながら撮影。

眞名鶴の飲みやすく解りやすい酒質に感心する吾郎でした。




商品の購入・質問は真名鶴(まなつる)|真名鶴酒造合資会社へお問い合せ下さい。
TEL:0779-66-2909真名鶴(まなつる)醸造元真名鶴酒造合資会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1043

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。