2011年06月13日

梵(ぼん)|加藤吉平商店

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 182蔵目

梵(ぼん)|加藤吉平商店

福井県鯖江市吉江町1-11
代表銘柄:梵(ぼん)
創業:1860年(安政7年)6代
杜氏:社員杜氏(南部杜氏)
仕込み水:軟水
訪問日:2011/6/13

代表銘柄
梵 超吟
梵 日本の翼
梵 夢は正夢
梵 団


鯖江の駅でタクシーに乗り「酒蔵の梵(ぼん)まで」と告げたところ、運転手さんから「あの酒蔵は高級なお酒をとても沢山売れている蔵なんでしょう。」という返事が返ってきました。

国賓などをもてなす銘酒として地元でも話題の酒。福井が世界に誇る銘酒が鯖江で造られている梵(ぼん)です。

梵(ぼん) 加藤吉平商店|蔵の外観


写真の方は6代目蔵元 加藤 団秀(あつひで)さん。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|庭

日本酒 を造る合資会社加藤吉平商店は、1860年(安政7年)に両替商と庄屋を営む加藤 吉平氏が創業した酒蔵です。

酒造業開始からは6代ですが、加藤家全体では11代続いています。

酒造業を開始した1860年(安政7年)とは、桜田門外の変が起きた年で、歴史と経済が大きく変革する年です。
特に経済が大きく変革し、年貢だけで食べていた武士の世の中がこの年から終わりに向かいます。

この地には地下に「水の道」があり、長い歴史の中で水が枯れた事がなく、越前松平氏の水神様が祀られています。

時代の変化を敏感に察した吉平氏は、水が豊であった事から年貢で入ってきた米から酒を造って販売する事で、商業にシフトして行こうと酒造業を開始したのだと考えられます。


日本酒ファン涎垂の酒。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|商品
右端の日本の翼という酒は、JALいった民間の航空会社はもちろん政府専用機の機内酒としても採用された実績があります。

創業当初は「越の井」(越の国の清らかな井戸から醸していた酒という意味)という酒を造っていました。
やがて越の井の中で最高峰の酒に「」という酒名が冠されるようになります。

そして昭和の始めに開催された北陸の酒類品評会にて、が4年連続で最優秀賞を受賞します。
それによって昭和天皇の御大典の儀(即位の式)でが採用。地方の酒蔵から選ばれるということは始めてのことで、大変な名誉な事でした。

それによっての名前が広がり蔵は大きく成長することになります。

政府の式典の開催が決まると、その晩餐会を担当する料理長がお酒のチェックと確保の為この蔵に訪れるようになります。


蔵の建物は文化庁の登録有形文化財に指定されています。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|文化庁 登録有形文化財

昭和天皇の御大典の儀(即位の式)でが採用された事によって、数々の政府主催の式典などに使用される事になります。国内はもちろん、アメリカやカナダ政府主催の式典にも採用され、世界の要人が集まる席で活躍する日本酒に至ります。

昭和38年に酒名をすべて「」に統一。41年に商標登録が完了します。現在は世界90カ国で商標登録が行われています。


写真は仕込み部屋です。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|仕込み部屋

蔵は空調で温度コントロールされ壁には断熱材が施され、建物そのものが大型冷蔵庫といえる環境で酒が醸されています。


または熟成出荷が基本で仕込み部屋の2回、3回は大きな冷蔵フロアーになっており氷温でお酒が保存されています。

若いものだと1年、一般的な商品だと0度〜マイナス5度で2年。夢は正夢や最高峰の超吟になるとマイナス8度で5年間も熟成させています。
氷温熟成によって現れる上品かつ爽やかな香りを持つ酒に成長します。


私が訪問した6月13日、今季最後となる仕込みの醪(もろみ)が残っていました。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|醪(もろみ)



写真は今季から導入された最新型の圧搾機。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|槽場

現在、蔵の裏地に新蔵を建設中で、完成した際にはこの新型の薮田を4台揃えるとの事。


模様がに見える自然石。 梵(ぼん) 加藤吉平商店|梵 模様の石

蔵に行ったら目にすることが出来る、加藤家の家宝。

の字に見える天然石です。よくこんな石と出会うことができたものです。
いくらしたのか気になります。w


梵(ぼん) 加藤吉平商店|記念撮影

訪問の記念撮影はの模様の石の隣で撮影。

私が手にしている酒はの高級酒の一角「夢は正夢」。

夢は正夢は松井秀樹選手がニューヨークヤンキーズ在籍中に、ワールドシリーズでチャンピオンになった歳に飲んでいただく日本酒として贈られた酒。
イチロー選手が大リーグ年間最多安打記録を更新した際、関係者からお祝いとして贈られた酒。
民主党が政権交代後、初訪米にてホワイトハウスに持参しオバマ大統領に贈られた酒です。

トロフィーのような重みを持つ酒に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は梵(ぼん)|加藤吉平商店へお問い合せ下さい。
TEL:0778-51-1507梵(ぼん)醸造元加藤吉平商店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1039

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。