2011年05月26日

誠鏡(せいきょう) 幻|中尾醸造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 178蔵目

誠鏡(せいきょう) 幻(まぼろし)|中尾醸造株式会社

広島県竹原市中央五丁目9-14
代表銘柄:誠鏡(せいきょう)、幻(まぼろし)
創業:1871年(明治4年)6代
杜氏:社員杜氏(広島杜氏)
仕込み水:中硬水
訪問日:2011/5/26

代表銘柄
誠鏡 純米たけはら
誠鏡 純米吟醸 雄町
大吟醸 幻 白

誠心誠意の酒造り、広島県竹原の誠鏡(せいきょう)誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|蔵の外観

「安芸の小京都」と言われる広島県竹原市。
中尾醸造株式会社は町並み保存の中に残る2件の酒蔵とは対照的に市街地に位置する酒蔵です。
その結果、蔵の建物を自由に手を入れる事が出来ため、写真の通り近代的な酒蔵に遂げました。

中尾醸造株式会社は明治4年(1871年)、この地で米を扱う商人であった廣島屋 儀八氏が創業した酒蔵です。

江戸時代に塩田で栄えた竹原ですが、少し奥の内地に行くと、かつては京都の下鴨神社の荘園として開拓された田園がありました。

その田園地帯で収穫される米を扱っていた儀八氏は、それらを酒造りに活用しようという理由で、酒造業に参入しやすかった明治時代に酒造りをはじめたのではないかと考えられています。

現在の酒名、「誠鏡(せいきょう)」は明治後半に誕生。
お酒を注いた杯の表面は鏡にように映ります。それを鏡に例え「蔵人の真心を映し出す鏡のような酒であってほしい」という願いから「誠鏡」という酒名が名付けられました。

そして昭和49年に誕生した、もう一つのブランド「幻(まぼろし)」は、蔵が開発したリンゴ酵母を用いて造られた純米大吟醸酒。初年度は1升ビンで100本のみが発売されたそうです。

昭和16年に法人化し、現在の中尾醸造株式会社に社名変更します。
「酒造」ではなく「醸造」ですが、特に味噌や醤油を造っていたわけではなく、製造は昔から日本酒のみとの事。


写真は釜場です。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|釜場

現在の近代的な酒蔵は平成7年に建てられたものです。
鉄筋の3階建てで、2階〜3階で製造が行われています。写真の釜場は2階にあり、上から下に酒造りの工程がすすむよう機器が配置されています。


写真は高温糖化酛を造る設備です。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|酒母室

中尾醸造は「高温糖化酛」という酒母製造の手法を開発した蔵元です。

自社酵母の開発に力を入れていた中尾醸造は、リンゴから採取した酵母による酒造りを試みますが、リンゴ酵母というのがとても弱くて他の酵母に負けてしまいます。そこで他の酵母が混ざらず純粋にリンゴ酵母だけで酒母を造る必要に迫られました。

その結果、考案されたのが「高温糖化酛」です。

写真のタンクに水と麹と蒸米を入れ55度で8時間保つと、麹が蒸米を溶かし糖分を作ります。つまり糖化が行われ甘酒が出来上がります。
また55度で8時間温めることで、自然酵母など雑菌が死滅し、無菌に近い状態になります。

そうなった状態で、20度まで冷却した後に目的の酵母を添加します。
他の酵母が死滅した状態で目的の酵母を添加するので、弱いリンゴ酵母でもしっかり発酵を行います。

また他の酵母の影響がないので蔵グセなども出にくく、目的の酵母で狙い通りの酒に仕上げやすい為、現在は全国新酒鑑評会の出品酒の約6割が高温糖化酛で造られるそうです。


写真は麹を造る製麹機です。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|製麹機
下の装置も製麹機ですが、上下の写真と「歯」を見比べて下さい。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|製麹機2

歯の形状が異なるのは、それぞれの用途が異なるからです。

上の製麹機は「種付け」といって麹菌を付ける作業用。下の製麹機は盛りの作業を行います。


左の方が6代目蔵元 中尾 強志さんです。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|麹室

誠心誠意を社是とする中尾醸造は、真心込めた酒造りが行われています。

特に麹造りには重きに置いて、時間を省かず一番良い状態になるまで時間をかけて造る事に重点を置いているとの事。

中尾醸造の酒造りの信条は「地元の米と気候風土を活かした旨口の酒造り」。

・日本酒本来のコクと旨味をしっかり持ち合わせること。
・堅さ、荒さ、青臭さがなく適度に熟成していること。
・重たくなく軽い酒質であること。

以上の3つが酒質の方針です。


また酒造りに関しては

・食と酒について普段から関心をもつこと。
・リスクを避け、安全に傾くほど、真に旨い酒造りから遠ざかる。
・何でも試す。いつも新しい事に挑戦する気持ちを持つ。
・機会化・合理化については、品質に向上が見込めるもの。もしくは品質が損なわれないと考えられるものに限り行い、そこから生まれる余力をより重要な部分に注ぐ。
・小さな清潔の積み重ねが蔵の微生物バランスに影響し、正しい姿勢の酒を生む。

このような姿勢で誠心誠意の酒造りが行われています。


誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|仕込み部屋
仕込み部屋もご覧の通り綺麗で清潔。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|仕込み部屋 上から

仕込み部屋の一部だけは、昔ながらの建物が用いられています。

訪問の証の記念撮影です。 誠鏡(せいきょう) 幻 中尾醸造株式会社|記念撮影

リンゴ酵母で造られた旨味がありながら爽やかな酒質の酒に、思わず笑顔になる吾郎でした。




商品の購入・質問は誠鏡(せいきょう)|中尾醸造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0846-22-2035 誠鏡醸造元中尾醸造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。


タグ :中硬水6代

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1022

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。