2011年05月26日

龍勢(りゅうせい) 宝寿|藤井酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 177蔵目

龍勢(りゅうせい) 宝寿|藤井酒造株式会社

広島県竹原市本町三丁目4-14
代表銘柄:龍勢(りゅうせい),宝寿(ほうじゅ)
創業:1863年(文久3年)5代
杜氏:社員杜氏(広島杜氏)
仕込み水:軟水
訪問日:2011/5/26

代表銘柄
龍勢 純米大吟醸 黒ラベル
龍勢 特別純米
龍勢 夜の帝王 特別純米酒

記念すべき第一回全国新酒品評会にて日本一の名誉に輝いた酒、龍勢(りゅうせい)龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|蔵の外観

藤井酒造株式会社は江戸時代末期、文久3年(1863年)に藤井 善七氏が創業した酒蔵です。

現在、蔵元が位置する場所はかつは海でした。
元々は山手で商売をされていた藤井 善七氏は、江戸後期に製塩によって干拓され陸地化した現在の場所に来て酒造業を開始します。

創業当時の屋号は「かね善」。龍勢(りゅうせい)が最も古くから残る酒名であることから、創業当初の酒名は龍勢ではないかと言われています。


写真の方は藤井酒造の杜氏、藤井 雅夫さんです。 龍勢(りゅうせい) 藤井酒造株式会社|仕込み部屋

この地の水は発酵力が弱い「軟水」であった事から、創業当初の藤井酒造の酒造りには苦労されたと思います。
しかし隣町の安芸津にて「花心」という酒を造る酒造家、三浦仙三郎氏によって軟水による醸造法が確立。
それによって藤井酒造の酒は劇的に改善されます。

明治40年 第一回全国清酒品評会で藤井酒造が造る龍勢が日本一になります。
それにより龍勢藤井酒造の看板商品となります。


龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|槽場

その後、昭和天皇がご誕生の際、新聞各社が「宝寿」とお祝いしたことから、新たな酒名「宝寿(ほうじゅ)」が誕生。

第2次世界大戦によって原料米事情が悪くなった事から、看板であった龍勢の酒名は封印。

その後は酒名は「宝寿」のみとなり、昭和の級別の時代は宝寿が販売される事になります。


龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|釜場

しかし平成2年に龍勢が復活します。

日本酒の級別が廃止され、特定名称の時代になると、地酒が台頭。首都圏などには珍しい地酒を販売する専門の酒屋や居酒屋が現れます。

藤井酒造5代目蔵元は、地酒専門店に並ぶこだわりの地酒として龍勢を復活。

当時、藤井酒造が造っていた最高峰の酒「龍勢 純米吟醸」を発売します。


龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|麹室

発売当時の龍勢は出雲杜氏の方が造っていました。その後平成2年に蔵元の次男、藤井雅夫さんが蔵に戻ってきて酒造りの修行を開始。現在は杜氏として酒造りをされています。


写真は酒母室です。 龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|酒母室

藤井酒造が目指す酒は「燗上がりする酒」。

「酒は純米、燗ならなお良し。」という言葉を残された、上原浩先生の考え方を汲んおられます。

香り偏重ではなく純米で燗酒にしておいしい酒を造っていきたいとの事。
燗上がりする酒が基本、日本酒の魅力はそこにある、と語られました。


龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|商品

写真は「酒蔵交流館」です。 龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|売店

藤井酒造には「酒蔵交流館」というお店が併設されています。

酒蔵交流館には古い酒造り道具の展示、お酒の試飲販売の他、「たにがき」という蕎麦屋さんがあります。

本格手打ち蕎麦と藤井酒造の純米酒が楽しむ事が出来ます。

竹原に観光に来られた際には是非お立ち寄りたいお店です。

龍勢(りゅうせい) 宝寿 藤井酒造株式会社|記念撮影

最後に、訪問の証の記念撮影は酒蔵交流館の中で撮影しました。

冷で飲むと味の凝縮感がある密度の詰まった酒。燗酒にすると味に膨らみと優しさが現れる絶妙な味わいに驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は龍勢(りゅうせい)|藤井酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0846-22-2029 龍勢醸造元藤井酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1021

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。