2012年07月19日

中鉢美術館|大崎市岩出山

所在地:宮城県大崎市岩出山字上川原町七番地六
訪問日:2012/07/19

日本酒ファンには歴史好きな方が多いのですが、森民酒造店に訪問された際、有備館と一緒ぜひ回っておきたいのが中鉢美術館です。 中鉢美術館|外観
中鉢美術館は刀に関して強い美術館だそうですが、私が訪問したときは伊達家臣が着用していた甲冑が展示されていました。

一般的に美術館は撮影禁止である場所が多く、見物してもブログの記事には書けないケースが多いのですが、こちらの美術館は係員の方に確認したところ撮影はOKとの事。
ただ刀に関しては霊気を放っているというか、なんとも言えない高貴な存在感があり撮影は控えました。

写真は伊達家の家臣が着用していたであろう複製ではなく実物の甲冑です。
中鉢美術館|甲冑

中鉢美術館|伊達家家臣の甲冑

下のうさぎの耳の飾りが着いた甲冑は、伊達政宗が着用していた甲冑と製作者が同じとのこと。
中鉢美術館|伊達家家臣でも位が高い方の甲冑
なので、伊達家臣の中でも位が高い人物が着用していたものだと推測されています。

銅の真ん中の凹みは銃弾を受けた跡。
中鉢美術館|甲冑への鉄砲試し打ちの跡
当時の甲冑というのは、納品の際に鉄砲で試打をしたそうです。
試打ちで貫通しなかったら合格となり鎧を引き取っていたそうです。

後日、伊達政宗の甲冑が展示されている仙台市博物館に訪問した際に、そこに展示されていた甲冑の胴にも銃弾の凹みがありました。
当時の鎧は銃弾を跳ね返したようですね。

  

Posted by 佐野 吾郎 at 12:20TrackBack(0)宮城県のお薦めスポット

2012年07月19日

有備館(ゆうびかん)|大崎市岩出山

所在地:大崎市岩出山字上川原町6番地
訪問日:2012/07/19

宮城県の中では酒蔵が最も密集して集まる大崎市。
大崎の酒蔵見学をされた際、お薦めの観光スポットが有備館です。

有備館|案内図
有備館とは江戸時代に建てられた、岩出山伊達家の家臣子弟の学問所となった建物です。

岩出山城は、かつて伊達政宗が仙台に移る前に12年間居城を構えた場所で、正宗が仙台へ行った後、政宗の四男の宗泰を初代とする岩出山伊達氏の居城になります。

私が訪問したときは東日本大震災による修復工事中でした。
有備館|修復中

写真は震災による修復の過程です。 有備館|修復の様子の写真
写真によると屋根が落ち、一旦分解して作り直すようです。
けどもう一度組み立てて作り直せる、というのが凄いですね。

伊達家の家臣、白石宗実の甲冑が展示されていました。
白石宗実の甲冑
有備館の向かいにある建物にて、伊達家の家臣の甲冑が展示されていたので思わず撮影。写真では反射していて判りにくいのですが、兜には「也」という文字の飾りが付けられています。

  

Posted by 佐野 吾郎 at 12:00TrackBack(0)宮城県のお薦めスポット