2013年02月08日

虎之児(とらのこ)|井手酒造有限会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 304蔵目

虎之児(とらのこ)|井手酒造有限会社

佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙806番地1
蔵元のサイト:http://www.toranoko.co.jp/


酒名:虎之児(とらのこ)、若虎(わかとら) ■創業:明治元年(1968年) ■杜氏:地元雇用(肥前杜氏) ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2013/2/8

代表銘柄
虎之児 大吟醸
若虎 純米
虎之児 上撰

佐賀県の西部に位置する嬉野(うれしの)市。
ここには佐賀県を代表する、日本三大美肌の湯と呼ばれる嬉野温泉があります。

嬉野温泉観光協会のサイトによると温泉宿が33件、入場料を払えば入浴できる温泉は24件もあるそうです。
そんな温泉街の中心地にたつ酒蔵が、虎之児(とらのこ)という酒を造る井手酒造有限会社です。 虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|外観

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|外観
井手酒造有限会社は明治元年に井出興四太郎(よしたろう)氏が創業した酒蔵。蔵元のホームページによると與四太郎氏は製茶の研究や海外輸出等に専念する傍ら、嬉野川の清水を利用し酒造業を創めたと、と書かれています。

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|商品
蔵の主力銘柄は虎之児(とらのこ)。

佐賀県の日本酒は甘口の酒が多いと言われていますが蔵元の話によると中でも嬉野周辺で飲まれている酒は特に甘口だとか。
地元ではレギュラー酒は甘口でないと売れないそうです。

虎之児も搾り終えた原酒の段階で日本酒度はマイナス10。割り水してもマイナス8くらいという甘口の酒。ただし甘口が好まれるのはレギュラーと呼ばれる地元商品の普通酒が中心で特定名称になるとそれほど甘くはないとのこと。
この蔵が造る特定名称酒は日本酒度がプラス2から3くらいの酒を造られているそうです。

井手酒造に訪問し面白いものを発見しました。
虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|虎之児 特選ラベル
JAXA(宇宙航空研究開発機構)では、ロケット打ち上げの際「性能計算書」という書類が作成されるそうです。

JAXA宇宙科学研究本部教授、的川泰宣先生が書かれた「ロケット打ち上げの遊び心」というコラムによると、日本で一番最初に打ち上げられた人工衛星の「性能計算書」のタイトルには「Satellite」という案が挙がったのですが、的川氏が冗談で「Hatelliteぐらいじゃないですかね」と答えたそうです。

これがきっかけで性能計算書の表紙には遊び心が入るようになり、「Hatellite」が「hi-lite」と変化。

そして、はやぶさが打ち上げられる時。
太陽系誕生の秘密を探る「虎の子」とも言える小惑星の破片を回収して返ってくるプロジェクト。

的川氏が偶然眺めていた日本酒リストに佐賀県の嬉野の酒蔵が造る「虎之児」という日本酒を発見。
これだ、と思い蔵元にお酒を取り寄せて、ラベルに手を加えてはやぶさの性能計算書の表紙に使われたそうです。

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|はやぶさ 性能計算書の表紙
オリジナルのラベルを元に細かく手が加えられています。
的川教授の書かれた本によると、表紙の遊び心は毎回チームに笑いを誘い、厳しいチームの雰囲気を和らげてきたとの事。

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|川口博士

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|はやぶさ
こんな感じでラベルには細かく手が加えられています。

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|川口淳一郎
蔵の名前は川口酒造になってます。住所は相模原キャンパスのようです。

小惑星探査機“はやぶさ”は映画化されましたが、映画の中にも虎之児が写っているシーンがあるそうです。

私達が知らないところで、日本酒は様々な利用のされ方が行われてるんですね。 面白い発見でした。

さて写真は仕込み部屋です。 虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|仕込み部屋
井手酒造では代々、福岡県から柳川杜氏が来て酒造りをされていたそうですが今年の造りから地元雇用の方が酒を造られているとのこと。

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|槽場
今酒造年度は11月15日から造りが開始。 甑倒しは1月で、私が訪問した圧搾機にはビニールシートがかぶり搾りも終えていました。造られる酒の大半は地元の温泉街での消費が中心との事。

写真は貯蔵タンク。
虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|貯蔵タンク
上に吊り下げられているのは福が舞い込むようにと「福来朗(ふくくろう)」という名の人形。

なんと温泉付きの蔵。
虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|温泉
温泉街の中心に位置する酒蔵ということで、蔵には温泉があります。
杜氏・蔵人が仕事を終えた後、温泉で身体を休めることが出来との事。
良い蔵ですね。

ただ仕込み水には苦労されているようで、遠方の水を使用されているとの事。

訪問の証の記念撮影。
虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|訪問の記念撮影
はやぶさの性能計算書の表紙の再現した酒に感心する吾郎。

当初は温泉街にある小さな観光酒蔵くらいに思っていましたが、この蔵の日本酒が宇宙開発の現場で利用されていたとは。しかも日本中が注目した小惑星探査機はやぶさで。
実際に訪問してみないとどんな発見があるかわからないものですね。

虎之児(とらのこ) 井手酒造有限会社|嬉野温泉組合




商品の購入・質問は虎之児(とらのこ)|井手酒造有限会社へお問い合せ下さい。
TEL:0954-43-0001虎之児、若虎醸造元井手酒造有限会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  
タグ :柳川杜氏

Posted by 佐野 吾郎 at 12:00TrackBack(0)佐賀県の酒蔵巡り

2013年02月07日

宗政(むねまさ)|宗政酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 302蔵目

宗政(むねまさ)|宗政酒造株式会社

佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340-28
蔵元のサイト:http://www.nonnoko.com/


酒名:宗政(むねまさ)、のんのこ ■創業:昭和60年(1985年)2代 ■杜氏:柳川杜氏 ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2013/2/7

代表銘柄
宗政 純米吟醸
宗政 蔵出し原酒
本格焼酎 のんのこ黒

宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|外観
宗政酒造株式会社は昭和60年に創業した比較的新しい酒蔵です。
今から約120年前、蔵元の祖先は広島で造り酒屋をされていたそうですが何らかの理由で酒造業を廃業。

その後九州に移り住み、事業を成功させ東証一部上場する事になるサニックスという会社を誕生させます。
事業に成功したことによってかつて先祖が酒造業を営んでいたことから、酒造業の再興を考え酒造免許を取得し昭和60年に宗政酒造株式会社を立ち上げられます。

酒造業の創業当初は、焼酎のみでスタート。
肥前の方言で可愛い、可愛らしいという意味の「のんのこ」という焼酎の製造を開始。その後平成2年に清酒免許を取得して、日本酒「宗正」の製造を開始。

創業当初、蔵は有田の市内にあったそうですが、関連会社が「有田ポーセリンパーク」というテーマパークを買い取ります。

土地的なスペースが有る上に、酒蔵見学なども行える酒蔵として活動も出来る事から平成14年にテーマパーク内に蔵を移転。現在に至ります。

今まで筆者が訪問した酒蔵では、三重県は伊勢にある「株式会社伊勢萬 内宮前酒造場」という蔵が「おかげ横丁」と呼ばれる江戸時代末期の伊勢の門前町を再現した観光地に蔵を構えていました。しかしテーマパーク内に建てられている酒蔵というのは初めてです。

写真は売店、蔵に到着した時、何処の建物に行って良いのか解らず電話をかけて確認しました。
宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|売店

宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|生原酒
佐賀県の日本酒は一般的に甘口などと言われていますが、宗政酒造が造る酒は佐賀の酒の味を踏襲する芳醇甘口酒。

宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|売店のディスプレイ

量的に一番沢山造っているのは地元を中心に販売されている上撰との事ですが、蔵が一番オススメしている酒は宗正 純米吟醸 マイナス15。

この酒は純米吟醸で日本酒度がマイナス15という珍しい酒。メーターだけをみると相当甘い酒を想像してしまう訳ですが酸味と甘みのバランスを整え甘みは自然体。口当たり柔らかくソフトで誰もが飲みやすく美味しい酒。

料理との相性もよく、九州の約40社の蔵元が集まり、酒とつまみを合わせてきき酒を行う「九州S1グランプリ」というコンテストで初年度開催の2011年には準優勝。
そして2012年に行われた2回めの大会では見事グランプリを受賞。

普通はお酒の味だけ評価するコンテストですが、S1では酒のつまみとの相性を競うコンテストだそうです。2011年からスタートし現在で2回行われているとの事。

この大会で蔵元は、甘口の酒は料理との相性の良さで日本酒ファンから高い評価をいただける事に気が付かれたそうです。
日本酒度マイナス15度の純米吟醸酒は、早々に存在しない酒ですが、蔵元はこのような世の中に無いジャンルの酒を造って行きたい。

人をビックリさせる酒、世の中に無いジャンルの酒を造って行きたい。
ドキドキ・ワクワクするような酒をどんどん出して行きたい、との事。
宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|純米吟醸 マイナス15

写真は仕込み部屋。
宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|仕込み部屋
蔵は一般の方でも見学は可能ですが、見学ルートのコース上からの見学になります。
今回はプロの業者ということで特別に現場に入らせていただきました。

仕込みタンクはご覧のようにタンクの中にタンクが収められています。
宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|2層の仕込みタンク
外側のタンクには冷水で埋め尽くされていて、その中に仕込みタンクが存在します。

宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|麹室
日本酒の製造は福岡県から柳川杜氏が来られていたとの事。
現在でも同様に柳川杜氏が酒造りに来られているそうですが顧問的な役割で、地元の従業員が主体となり酒造りが行われているそうです。

写真は槽場。
宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|槽場
設備的には四季醸造が可能で全てがワンフロアで収まっています。

訪問の証の記念撮影。
宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|訪問の記念撮影
蔵元お薦めの甘口の純米吟醸マイナス15度の酒を手に取り感心する吾郎。

宗政酒造は有田ポーセリンパークというテーマパーク内に存在します。
美術館等の入館には料金が必要ですがテーマパーク自体には入場料の設定がなく、宗政酒造が造る日本酒の他、レストランも併設。
日本酒初心者の方への敷居も低い蔵ですので、佐賀の有田に腰の際は訪問お薦めのの酒蔵です。 宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|レストラン

宗政(むねまさ) 宗政酒造株式会社|ツヴィンガー宮殿

ツヴィンガー宮殿について




商品の購入・質問は宗政(むねまさ)|宗政酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL: 0955-41-0020宗政(むねまさ)、のんのこ醸造元宗政酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 13:00TrackBack(0)佐賀県の酒蔵巡り

2013年02月06日

古伊万里(こいまり)、前(さき)|古伊万里酒造有限会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 再訪問

古伊万里(こいまり)、前(さき)|古伊万里酒造有限会社

佐賀県伊万里市二里町中里甲3288-1
酒名:古伊万里(こいまり)、前(さき) ■創業:明治42年(1909年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏 肥前杜氏 ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2013/2/6〜7

代表銘柄
前(さき) 純米無濾過生原酒
古伊萬里 四代目 純米酒
NOMANNE(ノマンネ)

古伊万里酒造は2012年11月以来の2度目の訪問になります。
今回、新規お取引の取材として訪問しました。

前回、訪問の記念撮影を撮り忘れて帰った事もあり今回は写真のみのアップとなります。レポートはホームページ上で行わせていただきます。

古伊万里(こいまり)、前(さき) 古伊万里酒造有限会社|外観

写真の方が4代目蔵元、前田くみ子さん。
古伊万里(こいまり)、前(さき) 古伊万里酒造有限会社|前田くみ子蔵元

仕込み部屋を2階の床に設けられた窓から覗き込む吾郎。
古伊万里(こいまり)、前(さき) 古伊万里酒造有限会社|仕込み部屋 2階から
蔵では原料米の前処理を2階で行われ、床に設けられた窓を用いて原料米は1階の仕込み部屋のタンクに移動させます。

仕込みの作業は1階のタンク脇に設けられた足場から行います。
古伊万里(こいまり)、前(さき) 古伊万里酒造有限会社|仕込み部屋

酒を搾るのは写真の木の槽のみ。
古伊万里(こいまり)、前(さき) 古伊万里酒造有限会社|木の槽

訪問の証の記念撮影。伊万里焼のボトルを用いたカップ酒、ノマンネの美しさに感心する吾郎。
古伊万里(こいまり)、前(さき) 古伊万里酒造有限会社|記念撮影




商品の購入・質問は古伊万里(こいまり)、前(さき)|古伊万里酒造有限会社へお問い合せ下さい。
TEL:0955-23-2516古伊万里、前醸造元古伊万里酒造有限会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  
タグ :4代軟水

Posted by 佐野 吾郎 at 16:00TrackBack(0)佐賀県の酒蔵巡り

2012年11月01日

古伊万里(こいまり)、前(さき)|古伊万里酒造有限会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 288蔵目

古伊万里(こいまり)、前(さき)|古伊万里酒造有限会社

佐賀県伊万里市二里町中里甲3288-1
蔵元のサイト:http://www.meritbank.net/koimari/index.html


酒名:古伊万里(こいまり)、前(さき) ■創業:明治42年(1909年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏 肥前杜氏 ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2012/11/1

代表銘柄
前(さき) 純米無濾過生原酒
古伊萬里 四代目 純米酒
NOMANNE(ノマンネ)

焼き物「伊万里焼」で有名な佐賀県伊万里市。
伊万里は焼き物以外に「伊万里牛」という佐賀牛の中でも特に高級品とされる牛の生産地。

その為、伊万里市は人口に対し、ステーキハウスや焼肉店が多いとの事。
地元のステーキハウスでは、伊万里牛をお箸で食べる店が多いそうで、シェフがカウンターで肉を焼いてくれて、食べやすい大きさにカットお皿に載せて出してくれるそうです。

東京でこのステーキを食べたら1万円はくだらないだろうというクオリティーの伊万里牛が地元では半額に近い価格で食べることが出来るとか。

グルメにとって羨ましい伊万里には今でも5件の酒蔵が存在してます。
その1社が前(さき)、古伊万里という名の酒を造る古伊万里酒造有限会社です。
前(さき) 古伊万里酒造有限会社|外観
古伊万里酒造有限会社は明治42年(1909年)に、前田 健市氏が創業した現在で4代続く酒蔵です。

伊万里の街が焼き物の積出港で栄えていた時代、健市氏は市街地で、京屋という屋号で呉服屋を営んでいました。しかし明治の終わりぐらい輸出が減少し街が寂れてきたそうです。
健市氏の奥様は酒蔵から嫁いでこられた方だそうで、酒蔵をしたらどうだろうか?という話となり、売りに出されていた酒蔵を手に入れ、伊万里の街中から郊外に移住し酒造業を開始されたそうです。

創業当初の屋号は、恐らく京屋ではないかと言われていて次に前田酒造、そして現在の古伊万里酒造に。
酒名は「京むすめ」「里のゆき」などがあったそうですが、古伊万里焼きが世界中に出ていく事が出来た、世界に認められた焼き物、酒名にその名前を是非付けたい、との願いで「古伊万里」の酒名が誕生したとの事です。

酒造りに用いる原料米は佐賀県産の山田錦が中心。山田錦以外は佐賀県の酒造好適米のさがの華、岡山の雄町を使用。

酒造りは毎年12月頃からスタート。3月の最後の週末に蔵開となり新酒のお披露目が行われます。
年間400石の酒を製造。

造られている酒の特徴は、地元をベースとした普通酒は佐賀酒の流れをくむ濃厚で旨口の酒。
純米酒、純米吟醸についても同様に、淡麗辛口と対極の酒。
ただ特定名称に関しては地元だけで飲む酒では無くなっているので、飲みやすさを追求しつつ味のある酒にしたいとの事。

東京で売るから、関西で売るからという事で化粧をしたような酒ではなく、昔からウチで造っている酒。
もちろん酒質の向上は努めますが、土台となっているベースは変えずに酒造りを追求していきたい、との事。

写真は釜場です。
前(さき) 古伊万里酒造有限会社|釜場
蔵は今から35年前の1977年に、川の拡張工事の為、建て替えた近代的な建物。

写真は麹室です。
前(さき) 古伊万里酒造有限会社|麹室

前(さき) 古伊万里酒造有限会社|酒母室

写真は仕込み部屋です。 前(さき) 古伊万里酒造有限会社|仕込み部屋
壁沿いに足場が組まれています。

足場の上から見た仕込み部屋。 前(さき) 古伊万里酒造有限会社|仕込み部屋

写真は槽場。
前(さき) 古伊万里酒造有限会社|槽場
普通酒から特定名称まで、全量この2台の槽でモロミを圧搾するとのこと。

蔵は製造規模の割にスペースがあります。
かと言って広すぎることもなく、集約して一箇所にかたまっているので作業の動線効率もよさそうです。今の酒造りに適した蔵だと思いました。

最後に訪問の証の記念撮影。サイズが大きな杉玉に驚く吾郎。
前(さき) 古伊万里酒造有限会社|記念撮影
古伊万里酒造では「前(さき)」というブランドを全国に展開中。
少量生産なので、沢山出荷出来ないとの事ですが、蔵が声をかけた地酒専門のみに出荷。
日本ファンの間でも注目されています。
今後の活躍が注目の酒蔵です。




商品の購入・質問は古伊万里(こいまり)、前(さき)|古伊万里酒造有限会社へお問い合せ下さい。
TEL:0955-23-2516古伊万里、前醸造元古伊万里酒造有限会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 15:00TrackBack(0)佐賀県の酒蔵巡り

2012年11月01日

東鶴(あづまつる)|東鶴酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 287蔵目

東鶴(あづまつる)|東鶴酒造株式会社

佐賀県多久市東多久町大字別府3625


酒名:東鶴(あづまつる) ■創業:天保元年(1830年)6代 ■杜氏:蔵元杜氏 ■仕込み水:弱硬水 ■訪問日:2012/11/1

代表銘柄
東鶴 特別純米

佐賀県の中央に位置する多久市。
今から50年ほど前に炭鉱で栄えたそうですが、閉山に伴い人口が減少。
総人口が2万人という小さな市です。

この多久市に休造中の酒蔵を復活させた注目の新進気鋭の酒蔵があります。
東鶴(あづまつる)という名の酒を造る、東鶴酒造株式会社です。
東鶴(あづまつる) 東鶴酒造株式会社|外観
東鶴酒造株式会社は天保元年(1830年)に創業した現在で6代続く酒蔵です。創業の経緯など詳しいことは資料が残っていないので不明との事ですが、もともとはこの地域の地主で米があったから酒造りを始めたのが経緯ではないかと言われています。

蔵はこの地で東鶴(あづまつる)の酒名で酒を造っていましたが、先代の蔵元が副業でコンビニエンスストアの経営を始めます。

次第にコンビニの方が忙しくなり、本業と副業が逆転。コンビニが本業となり、酒造業は副業のような状態になったそうです。
酒造りも毎年ではなく3年に1回など、在庫がなくなったら造るという状態。
もちろん造っていた酒は上撰一種類のみ。そんな状態が続き、休造状態になったそうです。

写真の方が造りを復活させた6代目蔵元、野中 保斉(やすなり)さん。
東鶴(あづまつる) 東鶴酒造株式会社|野中保斉蔵元 先代の蔵元がコンビニエンスストアを始めた時、保斉さんはまだ小学生だったそうです。

保斉さんは日本酒が苦手だったそうで、学校を出て社会に出る際に一度は酒蔵を継ごうという気持ちが芽生えたそうですが、やっぱり日本酒は苦手だったので継ぐのを止め、外に出て働きに行きます。

酒造業とは全く関係ない道に進まれたのですが、ある時とても美味しい純米酒に出会ったそうです。それを機会に、日本酒に興味を持ち始め、様々な日本酒を飲むようになります。

次第に日本酒に惹かれていく中、実家の造り酒屋を思い出し「自分でもこんな日本酒を造ることが出来たら」と日本酒造りの願望が生まれてきたそうです。

そしてある時、勢いに任せ会社を退職。
酒造り復活のため活動を開始。
山口の酒蔵に酒造りの勉強に行ったり、滝野川の醸造研究所に勉強に行きます。

そして平成21に酒造りを復活。(平成20酒造年度)
初年度の時は、槽の積み方が解らなかったり、様々な部分で解らない部分があったので、ベテランの方に手伝ってもらいながら酒造りを再開されます。

写真は釜場です。
東鶴(あづまつる) 東鶴酒造株式会社|釜場

写真は仕込み部屋。
東鶴(あづまつる) 東鶴酒造株式会社|仕込み部屋
仕込みに用いるタンクは6本。

酒造りは毎年、10月末からスタートし3月末に甑倒し。
年間で100石という小規模生産をされています。

酒造りにコンセプトは、佐賀県の酒の流れをくみつつ、自社独自の旨みが出せる酒。
その為には、しっかりと米のポテンシャルを引き出す酒造りを心がけているとの事。

休造していた期間もあった事から地元市場は強くなく、製造されるの8割が県外に向けて出荷されているそうです。
特定名称酒を応援してくれる店が県外を中心に自然と現れてきて現在に至っています。

写真は槽場。
東鶴(あづまつる) 東鶴酒造株式会社|槽場
昔ながらの槽で酒を搾ります。

最後に訪問の証の記念撮影。感じのよいカップ酒のビンに感心する吾郎。
東鶴(あづまつる) 東鶴酒造株式会社|記念撮影

保斉さんが是非飲んで頂きたいというお薦め商品は東鶴のしぼりたての生。 この酒は12月から4月ごろまで発売されている商品で、新鮮な風味にこだわった酒。東鶴の入門酒として是非との事。

また保斉さんは意識した訳ではないとの事ですが、現在造られているお酒は全量が純米酒です。
なので私が手にとって感心したカップ酒も純米酒。
是非飲んでみたいと思うカップ酒です。




商品の購入・質問は東鶴(あづまつる)|東鶴酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0952-76-2421東鶴醸造元東鶴酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。 佐賀県多久市の酒蔵。東鶴(あづまつる)という名の日本酒を造る東鶴酒造株式会社の訪問記。  

Posted by 佐野 吾郎 at 13:00TrackBack(0)佐賀県の酒蔵巡り