2011年04月13日

金泉,飛騨路の寒椿|平和錦酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
150 件目の訪問蔵は、
岐阜県の加茂郡で金泉,飛騨路の寒椿という酒を醸す平和錦酒造株式会社です。

金泉,飛騨路の寒椿|平和錦酒造株式会社

所在地:岐阜県加茂郡川辺町下麻生2121
銘柄:金泉,飛騨路の寒椿
創業:嘉永3年(5代)
杜氏:南部杜氏
仕込み水:中軟水
訪問日:2011/4/13

代表銘柄
金泉 しぼりたて原酒
金泉 上撰
飛騨路の寒椿 純米酒


かつて飛騨から運ばれる材木の集積地として栄えた街。
川辺町にて約150年続く酒蔵、平和錦酒造。 平和錦酒造 蔵の外観 平和錦酒造株式会社は、ペリーが日本に来る3年前の1850年(嘉永3年)、前島 九左衛門氏によって創業した酒蔵です。

前島家はトータルでは13代続く家で、酒造業をする前はこの地の庄屋でした。
創業当初の酒名は「あさのつゆ」。
酒造業の創業のルーツをたどると材木に行き当たります。

釜の横に立つ方が5代目蔵元。 平和錦酒造 蔵元 釜場 蔵が位置する下麻生は全国で1位を争う材木の産地でした。

飛騨の材木産業の歴史は長く、室町時代から始まっています。戦国時代には織田信長の朱印状を得て、次に豊臣秀吉の直轄地になり、その次は徳川家康の直轄領になります。戦国時代のキーパーソンがこの地を直轄市にしてきた背景から、たいへんな重要地点だった事が伺えます。

その後、徳川家康が初代の尾張藩主、徳川義直にこの土地を与えます。
その結果、地理的には美濃の国に位置しますが尾張藩領になります。

蔵の仕込み部屋です。嘉永年間に建てられた蔵の中で酒造りが行われています。
平和錦酒造 仕込み部屋 蔵が位置する当たりで飛騨川の川幅が太くなりますが「下麻生の綱場」と呼ばれ、川を利用し飛騨から材木を輸送していた材木の集積地(港)でした。 同じ岐阜県の木曽川にも八百津の綱場があり、八百津の綱場と下麻生の綱場で日本一を競っていたといわれています。

下麻生の綱場で材木を一手に扱っていたのが、蔵の前に屋敷を構える長谷川家です。
長谷川家は岐阜県でも1位を争う材木問屋で、その後東京に進出し「長谷木」という会社になります。

下麻生は尾張藩と長谷川家で栄えた街で、蔵元が子供の頃には旅館だけでも十数件もあり、飲み屋さんはもちろんの事多く、料亭も沢山あったそうです。
船乗りも多く、お酒の需要が多かった事が想像できます。

そのような背景から幕末に酒造業を開始した事が伺えます。

写真は「もと場」と言われる、酒母を造っている場所です。
平和錦酒造 酒母室 金泉は地元に根ざした酒を目指しています。やや甘口で口当たりの良い酒。東京市場では「少し甘いかな?」と思われるかもしれません。
日本酒度はマイナス1くらい。
それに対し県外を意識して造る飛騨路の寒椿はやや辛口に仕上げています。

まだ全国的に搾り立ての原酒が出回っていない時代から「しぼりたての原酒」に着目されており、純米、本醸造、吟醸、普通酒、など幅広く搾り立ての原酒を製品化しています。

下呂温泉への道の途中に蔵があるため、温泉客が立ち寄ることが多く、おみやげ等で買われた方のリピート注文が多く、遠方からの注文が多いとのこと。

平和錦酒造 商品写真 現在力を入れているのは古酒です。
計画的に製造しており、一番古い古酒は昭和53年のもの。
古酒は全て原酒。特定名称酒以上の酒を熟成されています。


平和錦酒造 記念撮影 最後に訪問の証の記念撮影です。古酒の滑っくが、出品酒クラス(山田錦35%精米)と高く、驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は平和錦酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0574-53-5007 金泉(きんせん)醸造元 平和錦酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 14:30TrackBack(0)岐阜県の酒蔵巡り

2011年04月13日

御代櫻|御代桜醸造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
149 件目の訪問蔵は、
岐阜県の美濃加茂市で御代櫻という酒を醸す御代桜造株式会社です。

御代櫻|御代桜醸造株式会社

所在地:岐阜県美濃加茂市太田本町3丁目2−9
銘柄:御代櫻
創業:明治26年 6代目
杜氏:社員杜氏
仕込み水:中軟水(木曽川の伏流水)
訪問日:2011/4/13

代表銘柄
御代櫻 醇辛純米酒
御代櫻 純米大吟醸 山田錦
御代櫻 純米 パンダCUP


御代桜造株式会社は明治26年に渡辺松五郎氏よって創業した現在6代続く酒蔵です。 御代桜 蔵の外観 渡辺松五郎氏は酒造業に参入する以前は「津島屋」という名のお茶屋を経営。
中山道の太田宿という宿場町にあった酒蔵を買取る形で酒造業に参入します。

創業当初は渡辺醸造と名乗り、栄鶴正宗(さかえつるまさむね)、富士の雪という日本酒を製造。
日本酒以外に焼酎、味醂なども造られていたようです。

中山道の太田宿という宿場町には大正時代には3件の造り酒屋があったと言われています。

御代桜 商品 明治時代には現在の主力銘柄、御代櫻(みよざくら)が存在していました。時代を経て御代櫻が主力銘柄に成長してきました。


御代桜 蔵元 写真の方が6代目蔵元、渡辺 博栄(ひろえ)さんです。現在年は34歳。
5代目蔵元が美濃加茂市の市長となった事で、29歳の時に酒蔵を継がれたそうです。


御代桜 杜氏 写真の方が、杜氏の酒向博昭(さこう ひろあき)さんです。現在36歳の若手ですが、28才の時に杜氏として初金賞を受賞。
平成十六年全国新酒鑑評会では、岐阜県下唯一となる二年連続金賞受賞。将来有望な新進気鋭の杜氏です。


御代桜 酒母室酒母室も温度管理可能な個室が設けられています。


御代桜 麹室麹もしっかり手造りされています。


御代桜 貯蔵庫 蔵の中の巨大な貯蔵庫です。
ご覧のように瓶貯蔵されています。


最後に訪問の証の記念撮影です。 御代桜 記念撮影 地方蔵の中には、建物が県道でなどで分断されているところがあり、道をまたいで配管が通っていたりするのを目にすることがあります。 三千櫻酒造は渋谷の西武百貨店ではありませんが、道を挟んで通路が造られており、それが酒蔵では珍しいという事で、この場所で驚いてみました。


商品の購入・質問は御代櫻|御代桜造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0574-25-3428 御代櫻醸造元 御代桜造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。 岐阜県は水が綺麗なところなので、水の良さを感じていただける酒造り。   

Posted by 佐野 吾郎 at 12:00TrackBack(0)岐阜県の酒蔵巡り

2011年04月13日

美濃天狗|林酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
148 件目の訪問蔵は、
岐阜県の可児市で美濃天狗という酒を醸す林酒造株式会社です。

美濃天狗|林酒造株式会社

所在地:岐阜県可児市羽崎1418
銘柄:美濃天狗
創業:1874年(明治7年) 5代
杜氏:越後杜氏
仕込み水:中水
訪問日:2011/4/13

代表銘柄
美濃天狗 吟醸
美濃天狗 純米吟醸


美濃天狗 林酒造株式会社 蔵の外観林酒造はこの地で庄屋を営んでいた林 井兵衛氏(いひょうえ)によって創業した酒蔵です。
創業は1874年(明治7年)。庄屋なので米が豊富にあった事から、明治の規制緩和の際に酒造業に参入されたようです。

蔵元は代々「井兵衛(いひょうえ)」という名前を襲名。酒造業を起こしてから5代目となりますが、林家としては12代続く家系です。
当初は富越(とみこし)という銘柄のお酒をメインブランドとして、地元で酒を売られていたそうです。

美濃天狗 林酒造株式会社 酒樽 現在のメインブランド美濃天狗の誕生は今から約40年前の1970年頃。

その当時、多治見の酒蔵「三千盛」が特定名称酒の製造し、東京市場に販売を開始。三千盛の先代からのアドバイスによって特定名称酒造りを開始し「美濃天狗」というブランドを立ち上げます。

美濃天狗の他に、富越ブランドも健在。また地元出身の戦国武将、明智光秀という名前のお酒も造られています。

現在の年間製造数は約500石。約8割が地元(県内)出荷となります。

写真の方が5代目蔵元の林 井兵衛さんです。貯蔵蔵で撮影しました。
美濃天狗 林酒造株式会社 蔵元美濃天狗が造る酒の特徴は上品で角のない丸い酒。現在の杜氏さんが蔵に来てから酒質が変わり、綺麗で上品に酒が出来るようになったそうです。
今風の酒と言えば今風の酒で消費者からの評価もよく、鑑評会の成績も上がりました。

現在、林酒造では越後杜氏が酒造りを行っていますが、ゆくゆくは蔵元が酒つくりの技を受け継ぎ、杜氏となって酒造りを行うことを計画中

美濃天狗 林酒造株式会社 精米機蔵には新中野の精米機が置かれていました。
岐阜県の酒蔵の中でも自社で精米機を持つ蔵はそう多くありません。

美濃天狗 林酒造株式会社 記念撮影 最後は蔵の日除け幕のところで記念撮影。大きな杉玉を見て驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は美濃天狗|林酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0574-62-0023 美濃天狗醸造元 林酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。   
タグ :5代中水

Posted by 佐野 吾郎 at 10:30TrackBack(0)岐阜県の酒蔵巡り

2011年04月12日

千古乃岩(ちごのいわ)|千古乃岩酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
147 件目の訪問蔵は、
岐阜県の土岐市で千古乃岩(ちごのいわ)という酒を醸す千古乃岩酒造株式会社です。

千古乃岩(ちごのいわ)|千古乃岩酒造株式会社

所在地:岐阜県土岐市駄知町2177-1
銘柄:千古乃岩(ちごのいわ)
創業:明治42年(1909年) 3代
杜氏:蔵元杜氏
仕込み水:軟水
訪問日:2011/4/12

代表銘柄
千古乃岩 純米吟醸 原酒 さかおり棚田米仕込み
千古乃岩 辛口純米酒


千古乃岩酒造は明治42年、中島善三郎氏によって創業した酒蔵です。
千古乃岩 ちごのいわ 千古乃岩酒造株式会社 味噌や醤油の醸造・販売業を営む商家で生まれた中島善三郎氏は、隣町にある三千盛酒造(尾張屋)で修行を経てた後に酒造業を創業。 暖簾分けという形で「尾張屋」を名乗ります。

三千盛から暖簾分けされた店は多く、土岐・瑞浪だけで5件の尾張屋が存在していたそうです。
創業当初の酒名は、現在も続く千古乃岩(ちごのいわ)

写真が酒名の由来となった「稚児岩」。
稚児岩
土岐市の山間(JR土岐市駅方面より、肥田川沿いの谷間の道路を駄知町に向かう途中)、稚児岩と呼ばれる巨石が渓流に身を乗り出すようにたたずんでいます。(土岐市天然記念物に指定)

創業者の中島善三郎氏は、名石「稚児岩」にあやかって、千年のめでたさと、健やかな子供のように大きく栄えて欲しいという願いを込めて「千古乃岩」と命名します。

写真の方が3代目蔵元。 千古乃岩 ちごのいわ 千古乃岩酒造株式会社 仕込み部屋 千古乃岩 ちごのいわ 千古乃岩酒造株式会社 蔵元


写真の方が4代目蔵元、中島大蔵さんです。兄弟で酒造りをされています。 千古乃岩 ちごのいわ 千古乃岩酒造株式会社 杜氏 千古乃岩酒造では、代々越後杜氏が酒造りをしていましたが、現在は4代目の大蔵さんが酒造りをされています。

岐阜県は3千メートルの山から標高ゼロメートルまで高低差がありますが、その距離が長いのが特徴。立山連峰を水源とする地下水がそうとう長い間、地中に蓄えらて地下水となって流れています。

地下45メートルから汲み上げられる地下水は、日本酒の品質を劣化させる鉄やマンガンなどの金属含量が少なく日本酒の製造にとても敵しており、硬度が0.4以下の超軟水。良い水に恵まれている蔵元です。

越後杜氏から教わった技で、尻が綺麗な酒、するする入っていける飽きの来ない酒質を目指し酒造りをされています。

千古乃岩 ちごのいわ 千古乃岩酒造株式会社 商品 主力銘柄は千古乃岩(ちごのいわ)
酒造りに用いる原料米は、棚田米、ひだほまれ、五百万石、山田錦。
最近のこだわりは、日本の棚田100撰に選ばれている、坂折棚田米の減農薬米を使用して造る純米吟醸酒。

私が訪問した日も、棚田米で造る日本酒のテレビ取材を受けられていました。

千古乃岩 ちごのいわ 千古乃岩酒造株式会社 記念撮影 最後に訪問の証の記念撮影です。蔵元の推薦で、仕込み部屋の2階で道具を持ってポーズをとっているところを撮影してもらいました。

まだ30代の若手で、新しい酒造りに挑戦されています。今後の展開次第では、岐阜県の注目の地酒蔵に成長する要素を持ち合わしている酒蔵です。日本酒ファンの皆様、要チェック。

商品の購入・質問は千古乃岩酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0572-59-8014 千古乃岩(ちごのいわ)醸造元 千古乃岩酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。   

Posted by 佐野 吾郎 at 16:10TrackBack(0)岐阜県の酒蔵巡り

2011年04月12日

三千盛(みちざかり)|株式会社三千盛

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
146 件目の訪問蔵は、
岐阜県の多治見市で三千盛(みちざかり)という酒を醸す株式会社三千盛です。

三千盛(みちざかり)|株式会社三千盛

所在地:岐阜県多治見市笠原町神戸2919
銘柄:三千盛(みちざかり)
創業:安永年間
杜氏:社員杜氏
仕込み水:軟水
訪問日:2011/4/12

代表銘柄
三千盛 純米
三千盛 嶺萌(れいほう)


創業は安永年間(1772〜1780年)。
尾張の地から移り住んできたという水野 鉄治氏によって創業した酒蔵が三千盛です。
三千盛(みちざかり)|株式会社三千盛 創業当時の屋号は尾張屋いい日本酒以外にも醤油や味噌を醸造。

この地域としては歴史の長い蔵で、数々の暖簾分けをされていてます。隣町の酒蔵「千古乃岩酒造」も、三千盛から暖簾分けによって出来た蔵で、暖簾分けをされたお店は「尾張屋」を名乗ってたそうです。

三千盛(みちざかり)株式会社三千盛|貯蔵庫現在の年間製造国数は約2千石。
主力商品は1升ビンで3150円の純米酒だそうです。思った以上に高額なお酒が主力ときいて驚きました。

地元への出荷が中心とのことですが、岐阜の酒蔵の中でも規模が大きく、本家筋の蔵元であったことが伺えます。

三千盛(みちざかり)株式会社三千盛|商品 三千盛の酒は辛口が主体です。
代々しっかりとした辛口が持ち味であり、特に先代の時代(今から45年くらい前)に辛口に特化。
酒名に「辛口 三千盛」という「辛口」のサブネームを持つようになり辛口の酒が主体になったそうです。


三千盛(みちざかり)株式会社三千盛|記念撮影最後に訪問の証の記念撮影です。
地元向けと言いながら洗練されたデザインの酒に驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は三千盛(みちざかり)へお問い合せ下さい。
TEL:0572-43-3181 三千盛(みちざかり)醸造元 株式会社三千盛
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。   

Posted by 佐野 吾郎 at 14:30TrackBack(0)岐阜県の酒蔵巡り