2010年07月22日

三笑楽(さんしょうらく)|三笑楽酒造株式会社

三笑楽(さんしょうらく)|三笑楽酒造株式会社

所在地:富山県南砺市上梨678番地
銘柄:三笑楽(さんしょうらく)
創業:明治13年 1880年 7代
杜氏:蔵元杜氏 能登杜氏所属
仕込み水:軟水
訪問日:2010/07/22

写真は五箇山(ごかやま)の合掌造り集落です。
この集落から車で5分くらいの場所に三笑楽酒造があります。

三笑楽(さんしょうらく)|三笑楽酒造株式会社

合掌造りの集落が見えたので思わず立ち寄ってしまいました。



そして三笑楽酒造に到着。
三笑楽酒造2.jpg
事前情報では「感動するような場所に蔵がある」と聞いていましたが、確かに蔵の近くにも合掌造りの家が建っていました。

この地域には五箇山(ごかやま)豆腐というというお豆腐があり、縄でしばっても形がくずれない堅さが特長との事。


日程が許すなら、合掌造りの民宿に一泊して、五箇山豆腐といっしょに三笑楽を楽しみたいと思いました。


蔵の裏山にはブナの原生林があるそうです。
この辺りは豪雪地帯ですが、ブナの原生林が雪崩を防いでくれているとの事。
三笑楽酒造3.jpg


写真は釜場です。和釜を使っています。
天井の木材が、まだ新しいですね。釜は使い込まれていますが、機械も新しい感じがします。
三笑楽酒造4.jpg

写真はこの蔵の当主であり、酒造りをされている山?英博さんです。
三笑楽酒造5.jpg麹室は平成18年に改築されたそうで、真新しさを残しています。秋田杉が貼られているそうです。


三笑楽は富山県の酒蔵ですが、位置的には山の中です。
その為、蔵の周囲は海の幸ではなく、山の幸が中心になります。

イノシシや鶏肉、保存の為に、塩辛い料理が多いので、味の線が細いと酒が負けてしまいます。

その為、三笑楽は山廃仕込を用いて骨の有る酒を造られています。

またこの地域は、晩酌は燗酒が基本です。
燗酒にして美味しいお酒。それでいて骨の有る酒、

というのが三笑楽の持ち味です。



解放タンクで酒を仕込まれています。
理由は「泡が有った方が面白い」から、だそうです。
三笑楽酒造6.jpgこの辺りは、冬は寒すぎるため、逆に蔵を保温しなくては行けないとの事。
秋の造りの初めの時期や、春の終わりの時期にだけにジャケット巻いてタンクを冷やすそうです。



骨格を良くする為に、山廃の純米酒はあえてタンク貯蔵。少し空気に触れさせて熟成を進めて味乗りをさせて出荷されます。

このようなお話を聞かせていただくと、是非とも郷土料理と一緒に飲みたいものです。

日程が許すなら、合掌造りの民宿に一泊して、地元の郷土料理や五箇山豆腐といっしょに三笑楽を楽しみたいと思いました。

商品の購入・質問は三笑楽酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0763-66-2010 三笑楽醸造元 三笑楽酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 17:00TrackBack(0)富山県の酒蔵巡り

2010年07月22日

八乙女(やおとめ)、若駒(わかこま)|合名会社若駒酒造場

八乙女(やおとめ)、若駒(わかこま)|合名会社若駒酒造場

所在地:富山県南砺市井波3601
銘柄:八乙女(やおとめ)若駒(わかこま)
創業:1889年 明治22年 5代
杜氏:能登杜氏
仕込み水:軟水
訪問日:2010/07/22


住民1人あたりの彫刻師の数は日本一と言われる富山県南砺市。
木彫りの街、瑞泉寺の門前町の中心に位置する蔵元が若駒酒造。
お隣も、お向かいも彫刻屋さんばかり。観光通りになっています。
八乙女、若駒|合名会社若駒酒造場

若駒酒造のこだわりは、米の産地なので地元の米を使った酒造りです。

メインに使っている原料米、五百万石はもちろん、出品用に仕込む山田錦も地元産の米を使用。

米の作り手と、酒の造り手、そして地元の消費者、この3者が輪になって楽しめる酒。


信仰と木彫りの街井波にあり、瑞泉寺の門前町の中心に位置する蔵元であり、まわりには彫刻をされる人々が使うのみの音を聞きながら酒造りをしております。

本醸造、純米酒には「若駒」。純米吟醸酒には「八乙女」といいう銘柄の酒を製造。
香りが華やかなタイプではなく、少し酸がある辛口の酒。スッキリと辛く、そして燗酒とも相性が良いとの事。

日本酒が飲めない人が「若駒だったら飲める」という味を目指しています。



蔵の玄関先で記念撮影。
若駒酒造2.jpg

商品の購入・質問は合名会社若駒酒造場へお問い合せ下さい。
TEL:0763-82-7373 八乙女若駒醸造元 合名会社若駒酒造場
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 16:00TrackBack(0)富山県の酒蔵巡り

2010年07月22日

成政(なりまさ)|成政酒造株式会社

成政(なりまさ)|成政酒造株式会社

所在地:富山県南砺市舘418
銘柄:成政
創業:1894年(明治27年) 3代
杜氏:能登杜氏
仕込み水:軟水
訪問日:2010/07/22


カーナビの情報によると、この道の終わりの山の麓に成政酒造があります。
成政(なりまさ)|成政酒造株式会社

実際には道の突き当たりを右に曲がり50メートルくらい行った所に蔵を発見。
成政酒造2.jpg


蔵を案内していただいたのは、成政酒造で杜氏を勤める嶋光国さんです。
成政酒造3.jpg嶋さんは、石川県の銘酒「天狗舞 山廃純米大吟醸」を口にして、その味に感動。
酒蔵で働く事を決意されました。
能登杜氏の元で修行をし、現在は成政酒造で杜氏を勤められています。



一言で「成政」といっても様々なお酒が有ります。
高級割烹に相応しい綺麗なお酒から、ジャンクフードを問わず、気軽に楽しめるお酒迄。

様々なシーンでお客様にお酒を選んでもらい、楽しんでいただきたい。

私は杜氏というより、飲み手の皆様の幸せな1シーンを作る為の演出家、そういう存在でありたいです。

と嶋杜氏は話してくれました。

商品カタログを見ますと実に多くの種類のお酒があります。
隠れた銘酒が眠っているように思います。


成政酒造4.jpg


最後に蔵の前で記念撮影。
今度は、嶋さんと富山の魚で成政で一杯飲みながら話を聞かせていただきたいと思いました。
成政酒造5.jpg
商品の購入・質問は成政酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0763-52-0204  成政醸造元 成政酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

  

Posted by 佐野 吾郎 at 15:00TrackBack(0)富山県の酒蔵巡り

2010年07月22日

若鶴(わかつる)|若鶴酒造株式会社

若鶴(わかつる)|若鶴酒造株式会社

所在地:富山県砺波市若草町5番5号
銘柄:若鶴 苗加屋
創業:文久2年 1862年
杜氏:越後杜氏
仕込み水:中軟水 (庄川の伏流水)
訪問日:2010/07/22


「立山」「銀盤」と並ぶ、富山の酒蔵の御三家の一角が若鶴酒造
写真は若鶴 大正蔵。同じ敷地内に「昭和蔵」があります。
若鶴(わかつる)|若鶴酒造株式会社

立山、銀盤が日本酒のみ製造に対し、若鶴酒造はサントリーのような存在の酒蔵かもしれません。

創業は文久2年(1862年)ですが、この時は日本酒の製造業として創業しましたが、明治43年にはビールの販売、昭和24年には焼酎甲類。
その後も、甘味果実、ウイスキー等様々なアルコール飲料の免許を取得し多角化して行きます。

そして、最も知られているのが、北陸3県をテリトリーとする北陸コカ・コーラボトリング株式会社の設立です。

グループ全体で見ると、年商を500億を軽く超えている北陸を代表する企業なのです。




写真は昭和蔵の釜場です。
特定名称酒を造る際に用いられています。
若鶴酒造2.jpg

こちらは仕込み蔵です。
ご覧の通り、伝統的な製法で造られています。
若鶴酒造3.jpg


写真は普通酒などに用いる連続蒸米機です。
若鶴酒造4.jpg


この円筒形の装置は、製麹機だそうです。写真には写っていませんが、入り口が有って中で麹を作ります。製麹機というより麹室でしょうか?
若鶴酒造5.jpg


酒造りには、国の技能試験に合格した杜氏が携わっています。
若鶴酒造6.jpg



昭和蔵を背景に記念撮影です。
若鶴酒造7.jpg若鶴酒造はグループ全体では大きな企業ですが、日本酒「若鶴」だけに焦点を合わせると、大手蔵のような存在ではありません。
むしろ、特定名称酒を中心に造られている酒蔵のように思いました。

蔵のコンセプトは「美味求心」です。

キレの有る旨味、単なる辛口ではなく旨味も感じられる酒。
美しい鶴を思わせる酒を造って行きたいとの事です。

近年では、苗加屋(のうかや)という名前のお酒も発売。
この酒は、全てが無濾過生原酒です。大吟醸酒以外は全て純米酒。
こだわりの地酒専門店のみに出荷されています。

このように真の日本酒ファンの舌を満足させるお酒の製造もされています。
今後も日本酒ファンをうならせる、美味しい地酒を期待します。

商品の購入・質問は若鶴酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0763-32-2232 若鶴醸造元 若鶴酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

  

Posted by 佐野 吾郎 at 14:00TrackBack(0)富山県の酒蔵巡り

2010年07月22日

勝駒(かちこま)|清都酒造場

勝駒(かちこま)|清都酒造場

所在地:富山県高岡市京町12-12
銘柄:勝駒
創業:1906年
杜氏:社員杜氏 能登杜氏所属
仕込み水:軟水
訪問日:2010/07/22

商業の街、職人の街、富山県高岡市に唯一残る酒蔵が勝駒 清都酒造
勝駒(かちこま)|清都酒造場

富山県の高岡市は、加賀藩主の前田利長によって開かれた街です。
当初は城下町として武家屋敷が立ち並んでいたそうですが、1615年の一国一城令により、高岡城は廃止となりました。

それによって武家は立ち去り、残った商人、職人達の手に寄って商工業の拠点として発展する事となりました。

商工業が盛んな土地柄なので、職人や商人の多くが習い事をしていました。

その結果、文化水準がとても高く、銅器、漆器といった産業が盛んとなり、食文化も高いレベルにありました。



清都酒造2.jpg

食文化のレベルが高い高岡の街において、いい加減な酒だと誰も飲んでくれません。
舌が肥えた人々を納得させるお酒を造る事が高岡の酒蔵には求められていました。

ましてや地元の方は、県外の酒は珍しいために重宝しますが、昔からいつでも手に入る地元の酒には関心が低くなる傾向があります。

なので、それを超えるレベルの酒を造らなければいけない、というのが高岡の酒蔵に与えられた課題でした。

このような背景から勝駒は、美味・美食と釣り合うレベルを持つ美しいお酒。
洗練された料理と一緒に並んでも、堂々とした存在感を持つお酒を目標に酒造りをされています。

今では高岡市に唯一残る酒蔵です。



蔵元の玄関は国の有形文化財に指定されています。
清都酒造3.jpg地元の人に愛されるお酒を目指してこられたのですが、今でもその気持ちは変わりません。


年間製造数はわずか300石。その7割が県内に出荷。
毎年1月に行なわれる「新酒を味わう会」には、地元から大勢の方が参加されるとか。

製造数は、ずっと300石のまま。れ以上製造するつもりなないとの事です。



高岡迄行ってもなかなか手に入らない日本酒です。

もし高岡で勝駒を発見した際は、是非とも抑えておく事をお奨めします。




最後に、蔵の玄関で記念撮影。
無理を言ってご訪問させていただき有り難うございました。
清都酒造4.jpg

商品の購入・質問は有限会社清都酒造場へお問い合せ下さい。
TEL:0766-22-0557 勝駒醸造元 有限会社清都酒造場
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

  

Posted by 佐野 吾郎 at 12:00TrackBack(0)富山県の酒蔵巡り