2011年10月04日

開華|第一酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 217蔵目

開華|第一酒造株式会社

栃木県佐野市田島町488
酒名:開華(かいか) ■創業:1673年(延宝元年)12代 ■杜氏:社員杜氏(下野杜氏) ■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2011/10/4

代表銘柄
開華 特別純米酒 みがき竹皮
開華 純米吟醸 黒瓶(黒純吟)
開華 大晦日しぼり

関東平野の北端「水と緑と万葉の町」、栃木県佐野市。
古くから酒造りの町として知られているこの町で、創業延宝元年(1673年)と約330年余りもの歴史を持つ、県内最古の酒蔵が開華という酒を造る第一酒造株式会社です。

開華 第一酒造株式会社|外観
開華 第一酒造株式会社|外観
開華 第一酒造株式会社|外観
日本酒「開華(かいか)」を製造する第一酒造株式会社は、栃木県内で最も長い歴史を持つ、延宝3年(1673年)に創業した現在で12代続く酒蔵です。

酒蔵のルーツは農家で、そこから分家をして新宅を作った家が酒造り開始。
現在のように「蔵を建て酒造業を起業した」という蔵ではなく、農家をしつつ酒造りも始めた、という創業のようです。

創業当初の屋号は「金上(かねじょう)」。酒名は何と呼ばれていたのか解らないそうです。
(雑学:お酒に酒名が付き始めたのは江戸後期からで、それ以前は屋号=酒名で呼ばれる事が多かった、という説が有力視されています。)

江戸時代の後期になると佐野は江戸への酒の供給地として栄え、沢山の酒蔵があったそうです。
当時江戸では灘の酒がブランドでしたが、兵庫県から海運で江戸まで運んでこなくてはいけません。
直ぐに酒を送ってほしい、という場合は近場で造った日本酒の方が便利だったようです。

佐野市は日本名水100選に選ばれている弁天池の湧き水があり、蔵が酒造りに用いる秋山川の伏流水は、発酵力が強い中硬水。
更に水運があり物流に便利だった事からここで酒つくりが盛んに行われ、渡良瀬川→利根川→旧江戸川というルートでお酒が流通されていたようです。
蔵から東に2キロくらいにある高萩の水路から酒を舟に詰み江戸まで運ばれて行ったそうです。

農家からスタートした蔵は法人化し第一酒造と名を変え、明治時代に「文明開化」にかけ「開化」という酒名が誕生。
第二次大戦後に「開化」が「開華」に変わり今に至ります。

写真は12代目蔵元、島田 嘉紀さん。
開華 第一酒造株式会社|蔵元
麹造りには栃木県産と富山県産の五百万石が主体。
大吟醸には山田錦、掛米には美山錦、ひとごこち、栃木酒14号などを使用。

越後杜氏から酒造りを教わり、下野杜氏の認定に合格した社員杜氏が酒造りをされています。
酒造りに用いる秋山川の伏流水は発酵力が強い中硬水ながら、出来上がってくる酒は意外と柔らかい質感を持つ酒だそうです。

平成10年より、全銘柄特定名称酒へ移行。
小仕込みを行う事で柔らかな旨味のある酒をイメージし酒造りをされているとの事。

米との関わりが強い蔵元。
開華 第一酒造株式会社|原料米
330年前に農家から始まった酒蔵で、延々と今まで農業を続けています。
蔵が所有する田んぼでは雄町、ひとごこち、栃木酒14号を栽培。

米との関わりがとても深い蔵元なので、自分で米を作るだけではなく、地元との農業との関係を大事にされていて、民間の米集荷業者として米を集めたり検査をする仕事をされているとの事。

米の検査には食料検査技師という資格が必要ですが、蔵はそれを所有し米の等級などを決定することが出来るそうです。

等級検査の欄には蔵元の名前「島田 嘉紀」と印刷されています。
開華 第一酒造株式会社|米
地元の農家と深く関わっているので地元の人にしっかり飲んでいただきたい。
そう考えて酒造りをしているので、造る酒の8割近くが栃木県内で消費されているとの事です。

写真は精米機。自社で精米機を持つ蔵です。
開華 第一酒造株式会社|精米機
開華 第一酒造株式会社|精米機の研石
栃木県内で自社で精米機を持っている蔵は「開華」「天鷹」「四季桜」「惣誉」。ひょっとしたら北冠さんのところもあるかもしれません。(まだ蔵に訪問していないので解かりません。)

上の写真は米を磨く研石。この形状が特許だそうです。

麹室は杉ばり。日東工業所が作った室です。
開華 第一酒造株式会社|麹室
日東工業所は麹室作りにおいては様々なノウハウを持たれていて、地元の大工さんにお願いして作ってもらうよりも高額になるそうですが信頼されいるので日東工業所製の麹室は多いです。

写真は仕込み部屋
開華 第一酒造株式会社|仕込み部屋

写真は槽場です。 開華 第一酒造株式会社|槽場
「佐瀬式圧搾濾過器」です。
一般的にこの形状の圧搾濾過器は「ヤブタ」と呼ばれていますが薮田産業が製造したものではありません。

製造は「昭和製作所」と書かれていました。
平成3年に導入されたようです。

写真は冷蔵貯蔵庫
開華 第一酒造株式会社|貯蔵庫
蔵の建物の一部をプレハブで仕切り、屋根の部分は断熱効果を持つ樹脂で塗装。
酒を低温で貯槽されていました。

最後に訪問の証の記念撮影
開華 第一酒造株式会社|記念撮影
これから酒造りに用いられる原料米の前で撮影。

蔵元は食料検査技師の資格を持ち、自ら米の等級検査が行えると聞いて驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は開華|第一酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0283-22-0001開華醸造元第一酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。   

Posted by 佐野 吾郎 at 12:20TrackBack(0)栃木県の酒蔵巡り

2011年10月04日

愛乃澤|相沢酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 216蔵目

愛乃澤|相沢酒造株式会社

栃木県佐野市堀米町1535
酒名:愛の澤 ■創業:1854年(安政元年)8代 ■杜氏:下野杜氏 ■仕込み水:中間 ■訪問日:2011/10/4

代表銘柄
愛乃澤 純米吟醸 純
愛乃澤 旭城  純米大吟醸
愛乃澤 カラーラベルシリーズ

愛乃澤 相沢酒造株式会社|外観
日本酒「愛乃澤(あいのさわ)を造る相沢酒造株式会社は安政元年(1854年)、相沢 喜平氏が創業した現在8代続く酒蔵です。

北関東の酒蔵のルーツですが、近江商人がこの地に来て蔵を買い取り創業者となるケースと、越後から出稼ぎに来た人々が酒蔵を手に入れ創業するケースに2分されます。

喜平氏は新潟県の柿崎出身でこの地に来て、どのような経緯かは解かりませんが安政元年に酒造業を営むようになります。

創業当初の屋号は「やまじょう吉田屋」。
「やまじょう」とは当時の屋号で広く用いられた読ませ方で、企画の「企」の字が「止」ではなく「上」と書き「やまじょう」と読ませていました。

写真の方が相沢酒造の杜氏、相澤晶子さん。
愛乃澤 相沢酒造株式会社|相澤晶子杜氏
下野杜氏の4期生であり、南部杜氏の試験にも合格されています。

酒造りで使用する水は秋山川の伏流水(硬水でも軟水でもない中間の水)。
栃木県産米のひとごこち、五百万石、兵庫産の山田錦、岡山産の雄町を使い、下野杜氏の4期生であり、南部杜氏の試験にも合格されている相澤 晶子さんによる酒つくりが行われています。

「米を愛で、水を愛で、心で愛でる手造りの酒」が酒造りのコンセプト。

造り手自身が女性である事から「強くてやさしくて芯がある、やまとなでしこを思わせる酒」を目指し酒造りに挑まれています。

訪問の証の記念撮影。 愛乃澤 相沢酒造株式会社|記念撮影
私が訪問した時期は酒造りの準備中ということで蔵の中の見学はダメでした。
その為、蔵の売店で記念撮影させていただきました。

手に持っている酒は「愛乃澤 純米吟醸 純」。
栃木県の酒蔵の中で一番最初に手がけた純米吟醸酒と聞いて驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は愛乃澤|相沢酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0283-22-0423愛乃澤醸造元相沢酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。   

Posted by 佐野 吾郎 at 10:30TrackBack(0)栃木県の酒蔵巡り

2011年06月21日

杉並木、姿|飯沼銘醸株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 200蔵目

杉並木、姿|飯沼銘醸株式会社

栃木県上都賀郡西方町大字元850
酒名:杉並木、姿 ■創業:1811年(文化8年)8代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派)
■仕込み水:軟水 ■訪問日:2011/6/21

代表銘柄
杉並木 特別本醸造
姿 純米吟醸 山田錦
姿 純米吟醸生原酒 Black Impact(ブラック インパクト)

酒蔵訪問の旅、記念すべき200蔵目は、今年で創業200周年となる飯沼銘醸株式会社です。 杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|外観

飯沼銘醸株式会社は文化8年(1811年)に堺屋 岩次郎氏が創業した現在8代続く酒蔵です。
丁度私が訪問した2011年は、蔵が創業し200周年になります。

岩次郎氏は新潟県の越路町の出身で「出稼ぎ酒屋者」と呼ばれる、出稼ぎでこの地に来て酒蔵となった一人だと言われています。
江戸時代の末期になると、越後からの出稼ぎ労働者が栃木や群馬に現れるようになります。

出稼ぎ者の多くは農業手伝いや大工など職人として働いたり、行商などが多かったそうですが、取引関係の酒蔵に出入りているうちに主人に見込まれ酒蔵で働くようになったり、同郷の蔵人から誘われ酒男になります。
やがてその人々の中から頭角を表し蔵を買い取るなどをして酒造業を始める者が現れます。

栃木県酒造組合が発行した「栃木酒のあゆみ」という資料によると、文化年間には「酒造勝手次第」という酒造業への新規参入の規制が度々解除された記録がある事からそのチャンスに乗じ、酒造業を始めたのではないかと推測されています。
創業当時の屋号は堺屋、酒名は「秋錦(あきにしき)」ではないかと言われています。

栃木には越後出身の蔵元が多く、近江商人または越後出身の蔵元で大半をしめます。


写真の方は次期蔵元であり、この蔵の杜氏でもある飯沼徹典さん 杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|飯沼徹典氏 酒造りの方針は、酒造りはチームワークが大切、優しさの中にも厳しさがあり。

一冬の間、蔵人と共に酒造りを行うのに、一番重要なのはチームワークという考え方をされています。
イライラした環境だと良いチームワークが出来ません。
小さなミスを発見しカリカリ注意するより、和やかな環境で酒造りをしたほうが良い酒が出来る。そのような考えのもと蔵人たちと酒造りをされているとの事。


飯沼銘醸の主力銘柄「杉並木杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|杉並木

現在の主力銘柄「杉並木」は昭和25年ごろ誕生します。
この酒は地元向けの端麗辛口で地元では断然人気。地元では杉並木ではないとダメ、という消費者が多いとの事。


県外向けの限定流通品「姿杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|姿

それに対し2002年に限定流通ブランドとして誕生した酒が「姿(すがた)」。こちらは濃醇旨口タイプの酒。

酒造りに用いる原料米で最も多く用いているのが山田錦、次に五百万石。雄町、ひとごこと、栃木酒14号といった酒造好適米を使用し、中軟水の大谷川の伏流水を用いて酒造りをしています。

個性豊かな酒が多い栃木の地酒の中、飯沼銘醸も流派にとらわれない自由な発想で酒造りを続けていきたい、との事。
特に姿シリーズは、日本酒ファン向けの無濾過生原酒系の特殊な酒が大半。
日本酒ファンには要チェックの酒蔵です。


写真は釜場。昔ながらの和釜を使用しているとの事。 杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|釜場

写真は麹室 消毒中で中は撮影できませんでした。 杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|麹室

仕込み部屋 静かな空間で発酵が行われます |仕込み部屋

仕込み部屋は昔ながらの建物ですが、密閉されていて空調によって温度のコントロールが可能。


杉並木 姿 飯沼銘醸株式会社|記念撮影

訪問の証の記念撮影は、仕込み部屋の入り口で撮影。

部屋の温度を管理するため、コンクリートで作られた、分厚く重いドアに驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は杉並木、姿|結城酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0282-92-2005杉並木、姿醸造元飯沼銘醸株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 17:00TrackBack(0)栃木県の酒蔵巡り

2011年06月21日

若盛、門外不出|西堀酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 197蔵目

若盛(わかざかり)、門外不出|西堀酒造株式会社

栃木県小山市大字粟宮1452
酒名:若盛(わかざかり)、門外不出、奥座敷 ■創業:1872年(明治5年)5代 ■杜氏:南部杜氏
■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2011/6/21

代表銘柄
門外不出 特別純米
門外不出 純米吟醸 短稈渡船
上撰 若盛

栃木では宇都宮市に次ぎ2番目に人口の多い市が小山市。
かつて滋賀県からやって来た近江商人達がこの地に次々と酒蔵を構えた事から、酒造りには適した土地だったようで現在でも4社の酒蔵が稼動しています。

その小山市にて近江商人を祖先とする、地元に愛される酒造りを続けている酒蔵が、若盛(わかざかり)・門外不出という酒を造る西堀酒造株式会社です。
若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|外観

若盛(わかざかり)・門外不出という名の酒を醸す西堀酒造株式会社は明治5年(1872年)、西堀 三左衛門氏が創業した現在5代続く造り酒屋です。

西堀家は38代も続くという近江商人で、滋賀県の東近江市大塚町(旧蒲生町)に屋敷があり京都御所の北側で紡績業を営んでいました。
時は幕末、西堀家の33代目となる西堀 三左衛門氏が酒造業に参入すべく近江商人のネットワークを頼りにこの地に来ます。

時代は丁度、安政の大獄という時代が大きく変化している最中。幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を及ぼしたと言われる大橋 訥庵(おおはし とつあん)という儒学者がたそうですが、訥庵を婿養子として迎えた呉服問屋が安政の大獄によって没落し、栃木県小山市の屋敷を売りに出します。
三左衛門氏は、その呉服問屋の屋敷を手に入れた後、明治5年に酒造業に参入します。
酒造業の歴史では5代という事になります。


写真は西堀家38代目、酒造業を開始してから5代目となる西堀 和男さん
若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|蔵元

近江商人が酒蔵を営む際に必ずしも蔵に主が常駐しているとは限らず、番頭が酒蔵の経営を切り盛りする事も多かったようです。

西堀酒造も先々代までは番頭制度を行っていて蔵主の屋敷は滋賀県にあります。
現在でも滋賀県にあり、ご近所の方と普通に付き合いされているとの事です。

しかし先代から番頭制度ではダメだという事になり両親を滋賀県に残し滋賀県から栃木県に移住。
現在の蔵元は栃木で生まれます。しかし滋賀県で生活されている祖父母が高齢ということから再び滋賀と栃木を行ったり来たりの生活となり、蔵元は小学校の5年生から高校卒業まで滋賀県の実家で生活され、大学は京都だったそうです。

北関東では近江商人出身の酒蔵が多く、現在でも滋賀県と栃木県に両方に家を持つ蔵元は珍しくはありません。


写真は釜場です。
若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|釜場

創業当初の屋号は「堺屋」、酒名は「比良の峰」「琵琶錦」という滋賀県に縁のある名前の酒を造っていました。
昭和32年に蔵が法人成りをされた際、「飲んでいただく方が若々しく盛るように」という願いから、現在の代表銘柄、若盛(わかざかり)が誕生。
そして平成5年には「門外不出」という酒が誕生。蔵の身の丈にあっただけの酒を造ろう、地元の方に飲んでいただく酒を造ろう、という考えから栃木県内をメインにした酒「門外不出」が命名されます。門外不出は全てが純米の酒です。


若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|麹室

酒造りに用いる米は地元の五百万石の山田錦と、そして滋賀県から美山錦、短稈渡船、日本晴という米が中心。
かつては丹波杜氏が酒を造っていましたが、平成12年に継枝 邑一氏という南部杜氏が酒造りをされています。

継枝 邑一杜氏は現役最高齢の杜氏で現在84歳。昭和21年に酒蔵の世界に入り杜氏歴は51年。
今までに仕込んできた醪(もろみ)の数は7000本以上。

酒つくりで重要な事は「蔵人達との和」。蔵人を褒めることを意識し、厳しいことを言っても仕事の終には必ず「ごくろうさま」と声をかる。杜氏と蔵人の間で良い人間関係が出来、雰囲気がよければ良い酒ができるとのこと。

名杜氏と言われた波瀬正吉さんも同様に、蔵人との和を大切にされた杜氏です。とても穏やかで優しい方として知られた方で、波瀬杜氏を思い出しました。

写真は仕込み部屋です。
若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|仕込み部屋

栃木県のこの地では、昔から甘口の酒が造られていた地域なので、西堀酒造では常に味が濃いしっかりした酒造りを続けてきました。
お酒を知らない方には「甘い酒だね」とよく指摘されるそうですが、キレが良い辛口にしていますので、杯が進む酒として評判が良いとのこと。


蔵には売店もありお酒を買うことが出来ます。一般の方の蔵見学も可能です。
若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|売店
若盛、門外不出 西堀酒造株式会社|記念撮影

最後に訪問の証の記念撮影です。

蔵は登録有形文化財に指定されていて、レンガ作りの煙突は明治時代に造られた物。
店主が指差ししている亀裂は関東大震災の時に出来たヒビだとか。
関東大震災の爪痕が今でも残る煙突に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は若盛、門外不出|西堀酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0285-45-0035若盛(わかざかり)醸造元西堀酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 10:15TrackBack(0)栃木県の酒蔵巡り

2011年06月20日

鳳鸞(ほうらん)|鳳鸞酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 196蔵目

鳳鸞(ほうらん)|鳳鸞酒造株式会社

栃木県大田原市住吉町1丁目1-28
酒名:鳳鸞(ほうらん),酒聖 ■創業:1881年(明治14年)5代 ■杜氏:季節雇用(諸派)
■仕込み水:軟水 ■訪問日:2011/6/20

代表銘柄
本醸造 鳳鸞(ほうらん)
那須の原ワイン
宇都宮カクテル

創業1881年 心から心へ 
鳳鸞(ほうらん)鳳鸞酒造株式会社|外観

日本酒 鳳鸞(ほうらん)を造る鳳鸞酒造株式会社は明治14年(1881年)、脇村宗吉(そうきち)氏によって創業された現在5代続く酒蔵です。

近江商人をルーツとする中井家に奉公していた宗吉氏は、中井家没落とともに独立し酒造業を算入することを決意。
那須野ヶ原が気候・水・米など日本酒造りに適していることを知り、現在の地で酒造業を創業します。

創業当初の屋号は脇村、酒名は「琵琶湖」。
現在の酒名、鳳鸞(ほうらん)は昭和6年に誕生したもので、おめでたい時に現れるという架空の神鳥との事。
昭和27年に法人化し鳳鸞酒造株式会社となります。

鳳鸞(ほうらん)鳳鸞酒造株式会社|看板

日本酒 鳳鸞の特徴は綺麗な酒。主に栃木県の五百万石、長野県の美山錦など酒造好適米のみを使用。
全量自社で精米していて精米歩合は50%以上。

主力商品は7度の冷蔵倉庫で1年間熟成させた「低温熟成 鳳鸞」との事。

地元には日光国立公園、鬼怒川温泉など観光地が多かったことから、かつては旅館、お土産の観光需要でお酒を製造していました。
しかし時代の流れと共に観光産業が衰退。現在では東京市場の商圏を開拓しているそうです。


鳳鸞(ほうらん)鳳鸞酒造株式会社|宇都宮カクテル

鳳鸞酒造は日本酒以外にも平成11年にワイン(那須の原ワイナリー)の製造を開始。そして平成18年からリキュールの製造を開始。
現在では日本酒を追い越してワインが一番売れているとの事。リキュールの売上も伸びているそうです。

栃木の果実(いちご、リンゴ、梅、梨)を用いて作った「宇都宮カクテル」という商品が最も人気で、最近発売しだしたヨーグルトリキュールが人気で特によく売れているとか。地元の問屋さんによる強い販売網があり、地元を中心に流通しているとの事です。

日本酒の製造も継続されており、今後日本酒の販売も増えてくれることを願います。




商品の購入・質問は鳳鸞(ほうらん)|鳳鸞酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0287-22-2239鳳鸞(ほうらん)醸造元鳳鸞酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。  

Posted by 佐野 吾郎 at 16:40TrackBack(0)栃木県の酒蔵巡り